LEAP OVER

第4期 MURCアクセラレータ LEAP OVER

~持続可能な地域社会をビジネスで実現する~

  •  

    POST-COVID-19に求められる価値を提供することをテーマに
    ライフ・ワーク・コミュニティの3グループでスタートアップを募集

    三菱電機株式会社、自治体、MURCがサポートするPoC型プログラム

     

第4期テーマ

 

 

「POST-COVID-19に求められる価値を提供すること」をテーマに、

AI・IoT・Robotics等の先端技術を有するスタートアップを以下3つのグループで募集します。

 

画像3列
画像3列
画像3列

まずはお気軽に説明会(無料)にご参加ください

 

 

 

NEWS

LEAP OVERの特徴

画像中央寄せ1列

LEAP OVERは、持続可能な地域社会をビジネスで実現するために、パートナー企業と協力自治体の協力を得ながら、IoT・AI・Roboticsといった先端技術を有するスタートアップの成長にコミットする約4か月間のPoC型アクセラレータプログラムです。

PoCを通じて、スタートアップが、大企業・地域の中核企業との事業提携の可能性を模索できるようにします。PoCの実施に当たっては、パートナー企業・協力自治体に業界知識、開発資金の一部や実証フィールド等を補完していただきます。

スタートアップが資金調達の機会をつかみとれるように、投資家情報・資本政策情報を提供します。加えて、VCメンターにシード投資家をそろえています。

 

 

参加メリット

  • 01

    自前では充分でないリソースを確保

    専門家等からメンタリングや教育プログラムを受けられることで、足りていない知識や知見を補い、ビジネスをさらに高度化
    LEAP DAY(デモデイ)にて、大企業やVCとのネットワークが構築でき、事業連携や資金調達に

  • 02

    PoC型プログラムで成果(成長・実績・事例)にコミット

    パートナー企業や協力自治体とのPoC機会を得られ、必要とされるビジネスを構築
    PoCに取り組むことで、短期間で小さな実績・事例を積み上げ、成果として対外へ発信

  • 03

    コンサルタント・研究員が伴走する安心感

    弊社コンサルタント・研究員がファシリテーターとして参画し、パートナー企業・協力自治体とのコミュニケーションをサポート
    プログラム終了後も、コンサルタント・研究員がパートナーとして協業することが可能に

  • 04

    イノベーション・プラットフォームのスケール感

    スタートアップ・企業・自治体が協創していくイノベーション・プラットフォームへの参画により、「持続可能な地域社会を実現」し、かつグローバルに拡大し得るビジネスを創出
    グローバル展開を希望するスタートアップにはOxford University InnovationやStartupbootcampに紹介可能


    Oxford University Innovationは英国オックスフォード大学が1987年に設立した、産学連携機関(大学付属・全額出資の知財管理・技術移転会社)です。オックスフォード大学関係者が起業する際の支援もしており、投資家など幅広いネットワークを有しています。

    Startupbootcampは欧州最大級のアクセラレータプログラムで、世界の様々な都市で開催されています。StartupbootcampはグローバルカンパニーであるRainmakingにより運営されています。Rainmakingは、以下の4つのサービスを展開しています。
    1. Innovation Strategy - 先進的な分野の特定、実行の優先順位付け
    2. Startup Engagement (including Startupbootcamp) - 世界の最もイノベーティブなスタートアップと共にビジネスの問題解決
    3. Corporate innovation (employee training) - 組織内でアイディア出しや将来の成長機会の特定
    4. Venture Building - コアビジネス以外の新たな将来のビジネスモデル構築

募集対象

「持続可能な地域社会をビジネスで実現する」ことを目指すシード期のスタートアップ
大企業・地域の中核企業、自治体とPoCを実施したい、IoT、AI、Robotics等の先端技術を有するスタートアップ
POST-COVID-19に求められる、”ライフ”・”ワーク”・”コミュニティ” の3つのグループに価値を提供するスタートアップ

主催

画像中央寄せ1列

運営協力

三菱UFJ銀行
三菱UFJキャピタル
画像3列

パートナー企業

三菱電機株式会社が提供するリソース

画像2列
画像2列
画像中央寄せ1列

三菱電機株式会社の事業(重電システム・産業メカトロニクス・情報通信システム・電子デバイス・家電機器)については、こちらを参考にしてください
 

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社が提供するリソース

ココロミルラボ

「ココロ」(人間の感性、行動、心理の特性)を、最新AI、脳科学、心理学を駆使して「ミル」(測る、分析する)ことを通じ、人間中心発想とその人らしさを活かしたサービス、商品、教育、働き方、人財活用の社会実装を推進、支援するとともに、自ら積極的に「試みる」ことで、データと経験を先んじて獲得するR&D部門です。

【提供可能リソース】
<PoC実施のノウハウ>
AIを中心としたテクノロジーアドバイザリー
人間中心デザインに基づくリサーチ、プロトタイピング、評価等の支援

<ネットワーク>
国内連携機関・自治体、大学・研究開発機関、Japan Digital Design、就労継続支援事業所

グローバルヘルス

国際的に重要視され民間セクターの貢献が大きいとされる感染症・非感染症疾患・保健医療システム等の領域を中心に、デジタル技術を用いた課題解決を目指し活動中です。全ての人々のAccess to Healthの実現がミッションです。

【提供可能リソース】
<ネットワーク>
日本国内の様々なステークホルダー
グローバルヘルスに関わる海外のアカデミア(ロンドン大学衛生熱帯医学大学院、タイ:チュラロンコーン大学、ボツワナ大学等)、研究機関(パストゥール等)、国際機関(GAVI、Stop TB Partnership等)、民間企業

<提供フィールド>
アフリカ(ボツワナ等)やアジア(タイ・マレーシア・ブータン等)の低中所得国における感染症、非感染症疾患(NCDs)、デジタルヘルスや保健医療システムに関わるフィールド

<提供機会>
事業計画策定支援・実証事業に向けた外部資金獲得支援(JICA・ADB、国連・国際機関、民間財団等)
情報発信支援(セミナー・研究会・シンポジウム開催、調査レポート発行等)

デジタルガバメント・スマートシティ

国内外の機関との連携を通じ先端的なノウハウを蓄積し、デジタルガバメントや市民中心型スマートシティの実現に向け、コンサルティングサービス、及び新規事業・サービス創出企画をミッションとする組織です。

【提供可能リソース】
<市民中心型スマートシティ支援機会>
・行政、大学、民間企業など様々な機関との連携
・地域において新しい施策・サービスを創出するにあたり、市民への発信、市民との合意形成に関与

<都市OS連携>
・データを活用したサービス創出を支える都市OS及び、市民向けポータルの企画・運営に関与
・都市OS事業者と密に連携

<国内外ネットワーク>
・日経新聞と共に共同で設立しているスマートシティ・インスティテュートを通じて国内外の関連機関、省庁、自治体と連携

ヒューマンキャピタル部(組織人事コンサルティングチーム)

企業の組織・人事・人材にまつわる多様な課題に対し、最適な仕組みの設計や実行支援までをサポートしています。特長として、統計解析や機械学習を含むデータアナリティクスを様々な局面で活用することで、他にないインサイトを導出します。

【提供可能リソース】
<ネットワーク>
・営業やマーケティングリサーチのための、多様な企業規模や業種の既存顧客や企業人事ネットワーク
・協業・提携等を見据えた、HR Tech領域における企業ネットワーク

<組織人事コンサル ティングノウハウ>
・既存のあらゆる組織人事コンサルティングノウハウ(以下は例)
  人事制度設計
  役員マネジメント
  タレントマネジメント
  ピープルアナリティクス
  チェンジマネジメント
  エンゲージメントサーベイ

<データアナリティクス サポート>
・データアナリティクスを含むPoC企画(問題発見、課題仮説、分析方法等)
・データアナリティクスそのものの実施サポート
・PoCの考察、インサイト抽出

協力自治体

一緒に飛び越えてくれる熱い自治体(協力自治体)

アラムナイ

第3期(2019年度)

第2期(2018年度)

第1期(2017年度)

VCメンター

VCメンター

画像

中嶋 淳

アーキタイプ株式会社
代表取締役CEO

画像

鮫島 昌弘

ANRI
パートナー

画像

和田 圭祐

インキュベイトファンド株式会社
代表パートナー

画像

田島 聡一

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
代表取締役社長

画像

堂前 泰志

三菱UFJキャピタル株式会社
投資第一部 副部長

そのほか様々なシード投資家がメンターとして参画しています

パートナー企業メンター

画像

山中 聡

三菱電機株式会社
未来イノベーションセンター
グループマネージャー

画像

峯藤 健司

三菱電機株式会社
未来イノベーションセンター
マネージャー

LEAP OVER TEAM

杉原 美智子

LEAP OVER事業統括 杉原 美智子

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部

画像

シニアコンサルタント 渡邉 睦

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
戦略コンサルティング部

画像

シニアコンサルタント 辰巳 裕介

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
経営コンサルティング第1部

古川琢郎

シニアマネージャー 古川 琢郎

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
コンサルティング事業本部 組織人事ビジネスユニット
ヒューマンキャピタル部

古川一嘉

部長 古川 一嘉

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
会員・人財開発事業本部
人財開発営業部

勝川和人

次長 勝川 和人

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
会員・人財開発事業本部
東京人財開発事業部

スケジュール

画像中央寄せ1列

応募条件

  • AI、IoT、Robotics等の技術を有し、プログラム期間中にプロトタイプを作成する能力があること(パートナー企業等を含む外部のリソースを活用可)

  • 一次選考通過者は9/21~23(うち2日間)予定しているBoot Camp兼二次選考に必ず参加すること。採択された場合、本プログラムに優先的に参加できること。

  • 2次審査までに履歴事項全部証明書・印鑑証明書(ともに3ヶ月以内)、決算書(可能な限り2期分)を提出すること。

  • 反社会的勢力に該当すると認められる場合は、お申し込みを受付することができません。

よくある質問

応募について

選考について

LEAP OVERとは

お問い合わせ先

MURCアクセラレータ LEAP OVER運営事務局
e-mail: leapover-accelerator@murc.jp