SPECIAL CONTENTS

REPORT No.52

SCI-Japan ウェビナーシリーズ『宇宙新時代の都市運営を革新する衛星データ技術』

2021/05/19

想定外のパンデミックにより、宅配ショッピングやリモートワークなど、ヒトとモノの移動が多様化し、日々の生活形態が大きく変化しています。近代以降、集中することで効率性を追求してきた時代から、郊外や地方へ移り住み、オフィスに集まらないワークスタイルなど、適度な分散化へのモメンタムが生まれています。

このモメンタムの拡散を受け、まちづくりの手法においても従来と異なるデータを集め、分析する『データ駆動型の都市プランニング』の研究開発が進められています。ここではヒトやモノの動きなど目に見えるデータのみでなく、心の動きや「人の気持ち」を測定する新たな技術導入も検討されています。

そして、近年世界的に立ち上がりつつある、もう一つの大きなモメンタムが宇宙空間の利活用です。まち全体を俯瞰する衛星データからそれぞれの施設や個々人のデータに至るまでを重層的に活用し、都市圏レベルの広域開発から街区レベル、更には個別の建物まで一連の連続したデータとして捉えることで、地域の歴史、文化などの特長を活かしたまちづくりが始まろうとしています。

本日のゲストは3名様です。
・株式会社Synspectiveの新井 元行氏
・株式会社ミチクリエイティブシティデザイナーズの河野 通長氏
・Any合同会社の高橋 真人氏
タイトルは『宇宙新時代の都市運営を革新する衛星データ技術』
Youtubeでご覧ください。

画像をクリックするとyoutubeにアクセスできます 想定外のパンデミックにより、宅配ショッピングやリモートワークなど、ヒトとモノの移動が多様化し、日々の生活形態が大きく変化しています。近代以降、集中することで効率性を追求してきた時代から、郊外や地方へ移り住み、オフィスに集まらないワークスタイルなど、適度な分散化へのモメンタムが生まれています。

このモメンタムの拡散を受け、まちづくりの手法においても従来と異なるデータを集め、分析する『データ駆動型の都市プランニング』の研究開発が進められています。ここではヒトやモノの動きなど目に見えるデータのみでなく、心の動きや「人の気持ち」を測定する新たな技術導入も検討されています。

そして、近年世界的に立ち上がりつつある、もう一つの大きなモメンタムが宇宙空間の利活用です。まち全体を俯瞰する衛星データからそれぞれの施設や個々人のデータに至るまでを重層的に活用し、都市圏レベルの広域開発から街区レベル、更には個別の建物まで一連の連続したデータとして捉えることで、地域の歴史、文化などの特長を活かしたまちづくりが始まろうとしています。

本日のゲストは3名様です。
・株式会社Synspectiveの新井 元行氏
・株式会社ミチクリエイティブシティデザイナーズの河野 通長氏
・Any合同会社の高橋 真人氏
タイトルは『宇宙新時代の都市運営を革新する衛星データ技術』
Youtubeでご覧ください。